in store LIVE
Photo & Report

山鹿 マツムラレコード店 於
2016年7月09
日(土)
  fxz


多数のご来場、誠にありがとうございました〜。今回は、益城/八代/熊本/玉名より4組のライブでした〜。


◆Yellow Music(益城)

震災から3ヶ月、復興へ向け動きだしたとはいえ、その現地(益城)での状況が自身にもふりかかっている中、まず動き出さねば・・という思いもつのりの復帰ライブ。
避難と、片付け、そして仕事という多忙な中、精神的・肉体的にも悲痛な中ではあろう、もちろん時間もなかなかとれない中ではあろうが、いつもと変わらぬ演奏スタイル(YMOほか)で聞かせてくれました〜。

演奏曲:君に胸キュン/BEHIND THE MASK/We Can Work Out/カナリア諸島にて/TECHNOPOLIS〜RYDEEN




◆ねまき(八代)

初参加男女デュオで、緊張もマックス!?という感想でしたが、なんとも堂々たるうたいっぷりで、ポップなサウンドと歌声でした。

オリジナルはまだないということでしたが、キャッチーな感じから、そう遠くなく聞けるのでは?と期待もしてしまいます。
民謡/三味線を以前より演奏していたという彼女、今回三線が間にあわずという中、次の回に期待しましょ〜。
緊張感もあって?、ギターのピッキングとテンポの早かった?が気になったかな?

演奏曲:ロビンソン(スピッツ)/First Love(宇多田ヒカル)/童神〜ヤマトグチ(夏川りみ)/残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)




◆Opus One(熊本)

芦原くん、久々の登場は3ピース・・の予定が、急遽の2名となりましたが、個人的には好みのサウンド形態に・・どういう表現をすればよいでしょうか?
80年後半の英国風ギターポップ系とでもいいますか?ROUGH TRADEや、チェリーレッドレーベル関連で聞けそうかな?という感じ。
最後は芦原くんがソロで、従来のスタイルの弾語りで、パンチある歌声でした。

演奏曲:Swinging on the edge/Bacj to one/Stay Gold/rain/ひまわりの約束(秦基博)

 


◆吉村佑亮(玉名)

ん〜、体調は最悪だったようで、熱がひいて、やっと動ける状態、あまりよくないようで、珍しく座ってのステージ。
ながらも懸命に歌い上げる。いつもの彼のスタイルだ。
よくをいえば、カバー曲もそろそろ別の選曲も聞きたいかな〜?!
ロマンチストですね〜という女性からの一声もありました〜。

演奏曲:光/星の川/Love is Over(欧陽菲菲)/何げない日々に/ストローク

 

 


イン・ストア・ライブ TOPへ>